携帯版はこちら!
佐野章吾特許事務所 SANO & Co. PATENT ATTORNEYS 携帯電話はこちら
携帯電話で上記のQRコードを読み取りアクセス。
スマホはこちら!
佐野章吾特許事務所 SANO & Co. PATENT ATTORNEYS スマートフォンはこちら
スマートフォンは上記のQRコードからアクセス。
佐野章吾特許事務所 SANO & Co. PATENT ATTORNEYS
弊所をご利用いただきましたお客様からの声をご紹介いたします。(掲載は50音順)
アルメックスコーセイ株式会社 様
佐野所長との親交は長く大学時代にさかのぼります。
 互いの夢は独立して経営者になる事でした、その頃から彼は弁理士になって、特許戦略で中小企業の発展に尽くしたいと語っていました。
 私は現在電子機器系の製造会社を経営しております。その中で佐野所長に助けていただいた案件は色々有り、サービスマークから始まり商標登録、実用新案、特許申請….友人ということも有り気軽に相談に乗って頂き面倒な案件でもヒアリングを積み重ねて明細書までに仕上げて頂いております(佐野所長本人に言わせると、友人だからではなく、クライアントの方すべてに対して同じ接し方をさせて頂いているとのことです。)。とりわけヒアリングとディスカッションを繰り返し技術内容の説明する中で彼には客観的な立場からその技術の違った観点を見出し、こうした方がより技術が膨れ上がるのではないかとか、こんな違った使い方が出来るのでは、等など偏りがちな技術の方向を考えそれを守る方策の知恵をアドバイスして頂いております、幸せなことに私にとって特許は身近で有効な防御策となっております。
佐野特許ってどういう事務所なの?という質問に対して「他にはない、ちょっと変わった特許事務所」かな、広い意味での中小企業の味方で有るのではないでしょうか。
今後共宜しくお付き合いお願い致します。
(アルメックスコーセイ㈱ 代表取締役 高橋宏和様)
有限会社エイアンドティグローブスタディオ 様
10数年前、当初は別の特許事務所に依頼していましたが、そことは意思疎通が上手くいかず少し困っていました。もちろん私の説明力不足の面もあるのですが・・・
そんな折、異業種交流会で入会したての私に最初に親しくして頂いたのが佐野さんで、弁理士をされている事を知り、相談したのが最初です。私の拙い説明にも拘らず根気よく面談して頂き、無事特許を取得する事が出来ました。
技術は各々の力量です。特許取得はその技術を如何に文書化するかに関わって来ると思います。我々のような特許申請したいが文書化が苦手だという企業は沢山あると思います。佐野弁理士は技術や構造を理解し、考案内容が要望以上に飛躍し特許範囲が拡大していき大変満足のいく結果と成りました。
(有限会社エイアンドティグローブスタディオ 阪本哲也 様)
株式会社エム・ティ 様
佐野弁理士とは異業種交流会の特別なセミナーでの勉強会で知り合いになりました。最初から特許出願を考えていたわけではないですが、佐野さんの説明を聞くうちに、当社の独自技術が特許にできる可能性を感じ始め、打ち合わせをお願いしました。
最初の打ち合わせでは身構えていたものの硬い雰囲気はなく、当方の拙い説明にひたすら耳を傾けていただき内容の整理やら、思いもつかない助言を頂いたことを記憶しています。
当時作業技術の効率化を中心に熱い話だけでの説明で、特許や発明報告をまったくどう書いてよいか右も左も分からない素人の集まりでした。
そんな我々の技術の内容を深く理解され、その上で長年の経験と専門知識をもとに特許性の明確化をまさにプロフェッショナルとして進めていただけました。
その結果特許を無事出願・公開することができ、その特許を元とした経営革新計画は大阪府より承認されるという結果に結びつけることができました。
またパンフレットにも公開情報を載せ新サービス紹介にも活用させていただき、順調に受注につながっておりとても感謝しております。今後とも、何か新しい技術を思いついた際にはお話を聞いていただこうと考えております。
(㈱エム・ティ  代表取締役 神田 昇 様)
三恵ハイプレシジョン株式会社 様
佐野弁理士とは異業種交流で知り合いました。弊社は中小企業で、当初は特許なんてまったく縁のない別世界の話だと思っていましたが、何年か経ってひょんなことから新しい機械装置を開発し、取引先からの強い勧めもあって特許出願をすることになり、佐野弁理士に初めて仕事として相談しました。佐野弁理士は、とにかくざっくばらんな性格の人で、初対面の時からお硬そうなイメージはまったくなく、なんでも気楽に相談できました。実際に、特許出願書類の作成にあたっても、開発技術に対する自分の思いを遠慮なくすべて話すことができるだけでなく、佐野弁理士からの質問がきっかけとなって、自分でも気づかなかった開発技術の特徴点を見出すことができ、非常に満足のいく出願内容とすることができました。また、商標についても寒川弁理士に相談に乗って頂き、最終的に満足のいく結果が得られ、自社ブランドの機械装置をという思いが叶いました。これからもお二人には、弊社の特許戦略ブレインとしてお付き合い頂きたいと思います。
(三恵ハイプレシジョン㈱ 代表取締役 落合良隆 様)
有限会社進功ブラスト工業所 様
佐野弁理士事務所を訪ねて。
私は東大阪の零細町工場の経営者です。私の様な町工場の多くの経営者は、自社で特許が取れそうな商品の開発等ができても、そこから先どうすれば特許を取れるのかなかなか分かりません。
単純に、弁理士事務所へ行けばいいじゃないかと言われるのですが、正直我々零細町工場にとっては敷居が高く、またどの様にして相談や依頼をすれば良いかも分かりません。
私は、当初、自社で製品開発ができ、特許の事で何処に相談すれば良いか迷っているときに、大阪府の相談窓口へ連絡してある弁理士さんを紹介してもらいました。
正直に言います、その弁理士さんに相談している間は不安で一杯でした。というのは、こちらの聞く事に対しての弁理士さんの回答が良く理解できなくて、どうも納得行かない、彼の説明自体が難しい専門用語の連発で分かった様な分からない様な…。
そんな中、異業種交流会のあるグループ討論会に参加しました。この討論会は、今の経営上の悩みをテーマに一人ずつ簡単に発言する様な討論会でした。私はその時に、特許申請手続が難しくて困っていると発言しました、その時にたまたま佐野弁理士がそのグループにいらっしゃったのです。後日ですが連絡先をお聞きし、事務所へ訪ねていきました。
最初は、又難しい事言われるやろな、とか、考えていましたが、相談中、一切難しい専門用語などはなく、素人の私に分かりやすく、丁寧に説明してくれました。3回目の打合せの時に、特許申請手続を佐野弁理士に正式にお願いしました。決め手は、難しい専門用語があまりなく、素人にもとても分かり易く、かつ根気よく説明してくれたからです。
佐野弁理士ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
(㈲進功ブラスト工業所 代表取締役 武島幸蔵 様)
株式会社冨士精機 様
初めて佐野弁理士に特許出願の相談に行った際に、弁理士の硬いイメージはまったくなく、気軽に話をすることができ、非常に相談しやすかったです。
もちろん、佐野弁理士は特許の専門家としての豊富な経験と知識を持っておられ、佐野弁理士が作成する特許明細書には、豊富な専門知識が盛り込まれています。
「この発明を特許にする!」という力強い気概を感じます。
豊富な記載の明細書のおかげで、審査段階でも事なきを得ました。
機械・技術に強いのはもちろん、これだけスキのない明細書を作れる方は貴重です。
(㈱冨士精機 代表取締役 田村孝 様)



 
 

佐野章吾特許事務所 SANO & Co. PATENT ATTORNEYS

特許・商標に不慣れな中小・零細企業の頼れる味方!
佐野章吾特許事務所
住所;大阪府中央区平野町2丁目2番14号先春園ビル10階  電話番号;06-6282-7674  FAX番号;06-6282-7675
This site is powered by town-nets.jp.   [Control]   [Control]